ムスリム学びブログ

インドネシア人と結婚したムスリムの日々の学びの記録

ドゥアーの健康へのプラスの影響

(ここではインドネシアのテレビ番組、Kalam Hatiで先生がお話しされた内容に基づいて書いています。)

 

今日はドゥアー(アッラーへの祈願)についてラシード先生がお話しされた内容をまとめていきます。

 

預言者様(彼に平安と祝福あれ)は「ドゥアーは信仰する者の武器です」と言われました。

 

フランスのノーベル生理学・医学賞受賞者アレクシス・カレルも「祈りは人間が生み出しうる最も強力なエネルギーである。それは地球の引力と同じ現実的な力である。医師としての私は、多数の人々があらゆる他の療法で失敗した後に、祈りという厳粛な努力によって疾病や憂鬱から救われた例を目撃している」という言葉を残しています。

 

1930年代から科学者らが祈りの健康に及ぼす良い影響について研究を始めた結果、心臓および脳波に良い影響が認められることが分かりました。ドゥアーは精神的な影響のみならず、身体的にも良い影響を及ぼしているのです。

 

ドゥアーは基本的にはアッラーに対して願いを口にすることを意味していますが、先生によれば、それだけでなく、お祈りなどの崇拝行為、ボディーランゲージもドゥアーになるとのことです。ボディーランゲージは例えば、親が自分の子供が自分に対して乱暴に振る舞った時にその悲しみからくる涙や、お父さんが家族のために仕事に行き、照り付ける太陽の下で重労働に耐えて流した汗などです。このような汗や涙は天国では真珠となります。

 

ドゥアーには叶えられる条件がいくつかあります。次回はインシャッラー、その条件を書いていきます。

(Kompas TV、Kalam Hati、ラシード先生の講話より)