ムスリム学びブログ

インドネシア人と結婚したムスリムの日々の学びの記録

孤児に対する喜捨の方法と対象

(ここではインドネシアのテレビ番組、Kalam Hatiで先生がお話しされた内容に基づいて書いています。) 前回の記事で、孤児を守るのは社会の義務であることを書きました。今日は孤児に対する喜捨の方法と孤児の年齢範囲について書いてみたいと思います。 孤…

孤児を社会全体で守る責任

(ここではインドネシアのテレビ番組、Kalam Hatiで先生がお話しされた内容に基づいて書いています。) 番組冒頭で、ある徳の高い中年男性の話が紹介されました。その人は岩を砕いて砂にして販売する仕事をしていましたが、ある日、市場で一人の孤児と出会い…

借金返済の要求をしてもいい?

(ここではインドネシアのテレビ番組、Kalam Hatiで先生がお話しされた内容に基づいて書いています。) 番組に借金についてこのような質問が寄せられました。 「私は知人にお金を貸しました。合意して決めた支払期日に返金を要求しましたが、知人はクルアー…

私がヒジャーブを着けるようになるまで

私はムスリムの夫との結婚がきっかけで入信しましたが、入信してからも長いことヒジャーブを着けることが出来ずにいました。その私も最近になってようやくヒジャーブを着けて出掛けることが出来るようになりました。今日は、以前の私のように、入信したもの…

ケアが必要な子供に対するイスラム教育

(ここではインドネシアのテレビ番組、Kalam Hatiで先生がお話しされた内容に基づいて書いています。) 自閉症など、特別なケアが必要なお子さんを持つご家族はきわめて大きな忍耐をされていると思います。しかし、実はこのようなお子さんのいるご家庭は、ア…

公共の場で席を譲る徳

(ここではインドネシアのテレビ番組、Kalam Hatiで先生がお話しされた内容に基づいて書いています。) 電車やバスでお年寄りや妊婦さんに席を譲ることは、イスラムでなくとも一般的に推奨される行為ですが、イスラムでも勿論推奨されています。クルアーンに…

未婚のまま亡くなったとしても

ここでは、インドネシアのテレビ番組、Kalam Hatiで先生がお話しされた内容を要約しています。 結婚がスンナ(預言者様が実行されていたことでイスラムの推奨行為)で、大きなイバーダ(崇拝行為)になるということは前にも書きました。結婚すると宗教の半分…

話を誇張する人は嘘つきです

ここでは、インドネシアのテレビ番組、Kalam Hatiで先生がお話しされた内容を要約しています。 よく話を面白くするために、物事を実際に起きたこと以上に大げさに話す人がいます。また、組織的に、戦略としてデータを誇張して報じることもあります。このよう…

結婚持参金

今日は前回の結婚のお話の続きで、結婚する時に男性が女性に渡す婚資についてテレビ番組でラシード先生がお話しされた内容をまとめてみます。 イスラムでは男性が女性に婚資を渡すのは義務です。クルアーンに以下のように記載されています。 「 あなたがたの…

結婚の意志があればお金は集まる

イスラムで結婚は強くすすめられているイバーダ(崇拝行為)であり、過去の預言者様達も結婚されていました。敬虔なムスリムにとって結婚は、ナフス(自我)が暴れ出さないように押さえつけておくための要塞のようなものです。クルアーンに結婚について以下…

知識を深めて世の中の役に立つ

イスラムでは知識を深めることがきわめて重要とされています。知識のある人はない人よりも、アッラーから現世と来世で高い地位を与えられます。ただし、それには善行が伴っている必要があります。その善行は、人の行いを悪いものから良いものに、怠惰なもの…

イスラムでの隣人への対処法

前回は隣人が私達ムスリムにとってどれほど大きな権利を持っているかについて書きました。今回は、自分が隣人に対して良い行いをしていても、隣人が自分に対して繰り返し危害を与えてくる場合の対処法について、インドネシアのテレビ番組でティオ先生がお話…

イスラムでの隣人の位置づけ

イスラムで隣人には特別な権利があり、それは預言者様(彼に平安と祝福あれ)が「隣人には相続権がある」と言われたほど大きなものです。なぜそれほど大きな権利が隣人にあるのでしょうか。それは、常に私達の身近に存在する人々であり、困っていることがあ…

映画『紳士協定』

今日は1947年にアメリカで公開されたエリア・カザン監督作品『紳士協定』を観た感想を書いてみたいと思います。これはアカデミー作品賞・助演女優賞・監督賞を受賞した作品です。主演は『ローマの休日』のグレゴリー・ペック。あらすじは以下の通りです。…

汚れた服でお祈りしてもいい?

インドネシアのテレビ番組、Kompas TV、Kalam Hatiで視聴者から、「服が汚れているが、どうしても着替えることが出来ない場合、そのまま礼拝してもいいでしょうか」という質問がありました。これに対してイスカンダル先生が次のように回答されました。 基本…

子供の誠実性を育む方法

今日も前回の誠実性の続きです。子供を誠実な性質に育てるにはどのようにすればよいのでしょうか。ラシード先生は以下の2点を挙げられました。 1.両親が良い手本となること 2.良い例を示してあげること 子供はいつも自分の親を見ています。親がまず良い手…

誠実さの種類

前回の誠実さについてのお話の続きです。イスラームの誠実さには5つの種類があります。 1.言葉が誠実であること 2.決意したことに対して誠実であること 3.ニーヤ(アッラーのために実行すると意図)したものであること 4.決意したことを実行すること 5.…

預言者と誠実性

今日は誠実さについてのお話です。このことについて、クルアーンのタウバ章に以下のように書かれています。 「あなたがた信仰する者たちよ,アッラーを畏れ,(言行の)誠実な者と一緒にいなさい。」(タウバ章、9:119) きれいな心を持っていても、心が強く…

アウトプット大全

今日は私が最近読んだ精神科医の樺沢紫苑氏著「アウトプット大全」について書いてみたいと思います。この本はベストセラーですし、樺沢先生はYou Tube動画を多数アップロードされていたり、講演会を数多く実施されていたりと多方面にわたって活躍されていま…

ムスリマのジーンズはNG?

インドネシアのKompas TVのKalam Hatiという番組で、ある若いムスリマがジーンズを履いていた写真をネット上にアップロードしたところ、身体のラインが出るという理由でまだイマン(信仰心)が足りていないとの非難を浴びたことが話題として取り上げられまし…

イマン(信仰心)の揺れ

イスラムでは信仰心のことをイマンといいます。イマンは人生という長い時間の中で強くなったり弱くなったりします。イマンが常に強い状態を保つにはどのようにすればよいでしょうか。 イマンがあるというのは心からイスラムを信仰し、口頭でそれを表現し、毎…

豆乳ラーメン専門店

今日は京都市左京区下鴨にある豆乳ラーメン専門店「豆禅」をご紹介します。こちらのお店は動物性原料を一切使用していません。ですからムスリムの皆さんも安心して食べることができると思います。 路地からのびている細い通路を通りぬけると店の玄関に辿り着…

モスク礼拝時のマスク着用について

みなさんはモスクで礼拝するときにマスクを着用していますか。現在コロナウイルスの感染拡大を警戒してモスクでの礼拝を控えている人が多いと思いますが、モスクを訪れる機会のある人もいらっしゃると思います。モスクによってはマスク着用を義務付けている…

夫の善行ポイントはすべて妻にも!

インドネシアのテレビ、Kompas TVのKalam Hatiという番組で、視聴者から「主婦の善行にはどのような報奨がありますか」という質問が寄せられました。これに対してソルメド先生が回答しました。 預言者様(彼に平安と祝福あれ)のサハーバ(教友)のアスマー…

妻の幸せは夫のリズキ(糧)

結婚は預言者様(彼に平安と祝福あれ)のスンナ(預言者様の言動でムスリムが実行すべきもの)です。預言者様(彼に平安と祝福あれ)は以下のようにおっしゃいました。 「結婚は私のスンナです。私のスンナを気に留めない者は誰でも私のウンマ(イスラム共同…

舌に注意!

前回の眠っている心を起こす話の続きになりますが、インドネシアのテレビ番組、Kalam Hatiでインドネシアのメディアを騒がせたある記事が紹介されました。 過去の悪行をタウバ(悔悟)し、心を入れ替えた男性が、友人から過去の悪行について繰り返し何度も詰…

心を起こしましょう

私達の周囲には心の病に侵されている人が大勢います。それは汚い言葉、相応しくない言葉を使う人やハラーム(イスラムの禁止事項)も含めて何でも聞く人のことです。 預言者様(彼に平安と祝福あれ)は言われました。 「身体の中にひとつの肉の塊がある。そ…

イスラムのメンタル疾患の予防と対策

前にも絶望してはいけないことをこのブログで書きましたが、クルアーンに以下の記載があります。 アッラーの情け深い御恵みに決して絶望してはならない。不信心な者の外は,アッラーの情け深い御恵みに絶望しない。」(クルアーン、ユースフ章、12:87) 絶望…

オーディオブックのすすめ

最近オーディオブックというアプリがあることを知り、私の楽しみのひとつになっています。オーディオブックとは、通常書店で売られている本を、プロの声優やナレーターが朗読するアプリです。スマホで手軽に聞くことができ、イヤホンがあれば電車やバスの中…

値段交渉時のマナー

商売はアッラーによって許可されていますが、ルールに則って行われなければなりません。 販売者側の禁忌事項 ①お店に商品を並べるときに、一番上に良品を置いてその下に品質の劣ったものを置くこと ②物を売るときにその物について「アッラーに誓って」と宣言…